ウレタン防水の寿命について

株式会社 修工舎です。


ウレタン防水とは、ウレタン樹脂を硬化させて、ゴムのようにして防水層を形成する工法です。


基本的にウレタン防水の耐用年数はおよそ10年と言われています。


しかし、今までブログでお話をしてきたようにメンテナンスなしでは防水層の寿命も縮まります。

ウレタン防水ではウレタン樹脂を流して防水していくのですが、さらにその上にトップコートと言われる保護剤を塗らなければなりません。


トップコートなしでウレタン防水を放置してしまうと、紫外線により防水層が痩せてしまい、結果的に劣化が早まってしまうのです。


トップコートがあることによって寿命が何年も変わりますが、そのトップコートも3〜5年程でメンテナンスしなければ劣化していくだけです。


定期的にメンテナンスすることで建物自体の寿命を伸ばすことができます。

そういった細かいことでも弊社はご相談に乗りますので、是非お気軽にお問い合わせください。