東京都新宿区分譲マンション/笠木ウレタン防水

株式会社 修工舎です。

皆さんは水切りをご存知でしょうか。


通常建物の屋上笠木には水切りというものが付いていて、それにより立ち上がり部の防水に水が行かないようになっています。

立ち上がりの防水層に水が入ってしまうと水が侵入しやすくなってしまったり、汚れが目立ってしまう可能性があります。


中には水切りがない笠木や、汚れなどで水切りが埋まってしまったりという場合もございます。

そこでアゴテープというもので水切りを作ることができます。

このテープの上にもウレタンによる防水層を作ってあげることで、水切りを作ることができます。


建物から雨漏りがしているお悩みがある方は、もしかすると立ち上がり部から水が侵入している可能性も否定はできません。


雨漏りなどのお悩みがある方はご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。