外階段のメンテナンス時期は?リフォーム方法や費用相場など徹底解説 

アパートやマンションだけではなく、一般住宅においても外階段が設置されることが近年増加しています。


外階段は、一般住宅において住宅内に入らずとも上層階にアプローチできることや、建物の見栄えが良くなるなどの多くのメリットがあります。


しかし、雨風や紫外線の影響を受けやすいため、定期的なメンテナンス・リフォームが欠かせません。


外階段のメンテナンス・リフォームを検討する場合、どのような施工を行うのか・費用相場がどのぐらいかなどを事前に知っておくと役立つでしょう。


そこで今回は、外階段のメンテナンス時期やリフォーム方法、費用相場などについてご紹介いたします。



外階段のメンテナンス時期

外階段に定期的なメンテナンスを行うことで、安全に使用し続けられます。


しかし、メンテナンス時期がどのようなタイミングなのか分からなければ、適切なタイミングで施工を行えません。


ここでは、外階段のメンテナンス時期についてご紹介いたします。



サビが発生している


劣化が進んだ外階段は、階段と段差の継ぎ目や裏側などにサビが生じることがあります。


サビを放置していると階段全体に腐食が広がり、耐久性が低下するといった事態になりかねません。


また、サビによる怪我などのトラブルが起こる可能性も高まるため、早急にメンテナンスを行う必要があります。



塗膜が剥がれている


塗膜の剥がれは、外階段の劣化が生じているサインの1つです。


すぐに何かしらの問題が生じる状況ではありませんが、この状態を放置しているとサビが広がる可能性があります。


そのため、塗膜の剥がれが生じた場合、メンテナンスを検討することをおすすめします。



築10年が経過している


雨風や紫外線から外階段を保護する役割を担っている塗膜の寿命は、おおよそ10年前後とされています。


仮に10年を過ぎた場合、塗膜の劣化や劣化箇所からの雨水の浸入により、外階段の耐久性が低下する可能性があります。


10年を目途に外階段のメンテナンスを行うことで、低下した外階段の耐久性を取り戻すことができるのです。



外階段のメンテナンスを怠るとどうなる?

外階段のメンテナンスには費用がかかるため、ついつい後回しにしたいと考えている方がいらっしゃるかもしれません。


しかし、外階段のメンテナンスを怠った場合、大きなトラブルに発展する可能性があるのです。


ここでは、外階段のメンテナンスを怠ることで発生するデメリットをご紹介いたします。



雨漏りの原因になる


劣化が進み防水機能が低下した外階段は、雨水が溜まりやすい状態になっています。


雨水が溜まった場合、それが建物内部に浸入して雨漏りを引き起こす可能性があるのです。


雨漏りが発生すると、建物内部にサビや腐食が発生して建物の耐久性が低下したり、雨水による家具・家電の破損などが生じたりすることがあります。



崩落の危険性が高まる


メンテナンスを怠り劣化が進んだ外階段は、耐久性が大きく低下しているため崩落する危険性があります。


過去の事例として、耐久性が低下した外階段が崩落したことによる事故に巻き込まれた方が亡くなるといった事故が発生しています。


このように、外階段の劣化は命に関わる大きな事故に発展する可能性があるのです。



外階段のリフォーム方法と費用相場

外階段のリフォームにはいくつもの種類があるため、施工のタイミングや発生している劣化サインに応じた適切な施工を選択することが大切です。


リフォームの種類によって施工の進め方や費用相場が異なるため、それぞれのリフォーム方法を知っておく必要があります。


ここでは、外階段のリフォーム方法と費用相場についてご紹介いたします。



塗装


年数が経過して塗装箇所の表面が剥がれている場合は、塗装の塗り直しを行う必要があります。


塗装を行う場合は、外階段に適している耐久性に優れた塗料を選定することが欠かせません。


なぜなら、仮に塗料選びを誤ると施工後すぐに塗装の剥がれが生じることがあるため、再度施工を行わなければならない可能性があるからです。


そのため、塗料選びは専門業者に相談して、慎重に検討することが大切です。


塗装工事の費用相場は使用する塗料によって変動しますが、おおよそ10万円前後となります。


ただし、サビが発生していればサビ落としを行う必要があるため、その場合の費用相場は20万円前後となります。



防水加工


劣化が進み防水機能が低下した外階段は、雨漏りが発生しやすい状態になっています。


そのため、防水工事を行い防水加工することが求められます。


防水工事にはいくつもの種類がありますが、外階段であればウレタン防水や塩ビシート防水が採用されることが多いです。


採用する防水工事の種類によって費用相場は異なりますが、おおよそ20万円から50万円前後となります。



架け替え


サビや腐食が外階段全体に広がり、耐久性が低下している場合には架け替えを検討しなければいけません。


架け替えとは、劣化が進んだ外階段の一部、もしくは全てを撤去して新しく外階段を新設する工事のことです。


施工の規模や新設する外階段の素材の種類によって金額は大きく変動しますが、費用相場は20万円から50万円前後となるケースが多いです。


ただし、今回ご紹介させていただいた費用相場はあくまでも目安となるため、施工の際は専門業者に見積を依頼して実際の費用を確認してください。



外階段のリフォームを業者に依頼する際の注意点

外階段のリフォームを業者に依頼する場合、依頼する方法や対応を誤ると施工時にトラブルが発生することがあります。


場合によっては施工のやり直しや追加で費用を請求されるといったケースもあります。


安心・安全な施工を実現するためには、注意すべきポイントを押さえた上で依頼することが大切です。


ここでは、外階段のリフォームを業者に依頼する際の注意点についてご紹介いたします。



施工実績が豊富な業者を選ぶ


外階段のメンテナンスを依頼する場合、施工実績が豊富な業者を選ぶことが大切です。


施工実績が豊富な業者であれば、施工不良やミスが生じるリスクが低いため、安心して依頼できるでしょう。


施工実績はホームページに掲載されていることが多いため、事前にホームページをチェックして、依頼したいニーズに合っているかどうかなどを確認しましょう。



保証やアフターサービスを確認する


施工業者ごとに保証やアフターサービスの内容は、それぞれ異なります。


そのため、充実した保証やアフターサービスを用意している業者に依頼することをおすすめします。


保証やアフターサービスが充実していれば、施工後に何かしらの問題が発生しても迅速に対処してくれるでしょう。


外階段のメンテナンスを検討する場合、複数業者に見積もりを依頼して、それぞれの業者にどのような保証・アフターサービスがあるのかを確認した上で、施工後も安心できる業者に依頼しましょう。



見積もりを細かく確認する


業者から提示された見積書を入念に確認せず依頼した場合、トラブルに発展することがあります。


見積書の書き方は業者によってそれぞれ異なりますが、場合によっては「外階段メンテナンス工事一式」といったように抽象的に記載されていることもあります。


このような見積書の場合、どのような施工が行われるか分からないため、必要な施工が行われていない・必要ない工事が行われている、などのトラブルが起こる可能性があるのです。


また、悪質な業者の場合は、内容が抽象的な見積書で契約を行い、後から追加契約を重ねて法外な費用を請求するといった手口を行っているケースもあります。


依頼前は見積書の内容を細かく確認し、不明な箇所や抽象的な箇所があれば、必ず担当者に確認しましょう。



まとめ


外階段は雨風や紫外線の影響を受けやすいため、小まめなメンテナンスを行わなければ劣化が進みやすい箇所です。


仮にメンテナンスを行わずに放置していると、雨漏りや外階段の崩落などの大きなトラブルにつながる可能性があるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。


外階段のメンテナンスは高品質な施工を実施できる専門業者と入念に打ち合わせを行う必要があるため、依頼を検討する際は実績豊富な専門業者に相談することをおすすめします。