東京の雨漏り修理なら修工舎|お客様に合わせた最適な工事をご提案

築年数が経過した建物は、さまざまな要因によって雨漏りが発生することがあります。


雨漏りが発生すると、それが原因で住宅の大きなトラブルに繋がることが多々あるのです。


そのため、迅速に専門業者に相談することが欠かせません。


しかし、専門業者の中には一部悪徳業者がいたり、業者ごとによってサービス内容が異なったりするため、どの業者に依頼するか悩んでしまう方も多いでしょう。


そこで今回は、雨漏りの修理業者を選ぶポイントや、修工舎の魅力についてご紹介いたします。



雨漏りの主な原因

雨漏り修理を検討する前に、まずは雨漏りがなぜ起こるのかを知っておくことが大切です。


原因を知っていれば事前にその対策を講じられるため、雨漏りの発生リスクを抑えられるでしょう。


ここでは、雨漏りの主な原因についてご紹介いたします。



防水層や板金などの劣化


新築時に防水工事を行ったとしても、年数が経過した防水層はひび割れや浮きなどの劣化が生じます。


また、屋根や外壁の隙間・繋ぎ目を補強する役割を担っている板金も劣化が生じ、サビや釘の浮きなどの症状が現れることが多々あります。


このようにして防水層や板金の劣化により隙間が生じると、そこから雨水が浸入して雨漏りが発生するのです。



排水溝の詰まり


屋上やベランダには、雨が降った時に備えて雨水を外部に排出する排水溝が必ず設置されています。


この排水口ですが、掃除せずに放置していると飛んできたゴミや枯れ葉などによって詰まってしまうのです。


排水口が詰まると、雨水の排出ができずに大きな水溜りが発生します。


結果として、防水層の劣化している箇所から雨水が浸入して雨漏りに繋がります。


排水口を小まめに確認し、掃除することで雨漏り発生のリスクを抑えられるでしょう。



笠木の外れや破損


屋上やベランダの腰壁に取り付けられている笠木は、雨風や紫外線の影響を受けやすく、破損や劣化が生じることが多々あります。


破損や劣化を放置していると、生じた隙間から雨水が入り込み雨漏りを引き起こすのです。


また、笠木の真上から釘が打ち込まれている場合には、年数が経過するとそこから雨水が入り込むことがあります。


そのため、目視で破損や劣化が気になった場合には、すぐに専門業者に状況を確認してもらうことをおすすめします。



シーリング材の劣化


外壁材同士や、外壁材とサッシなど隙間を埋めるために使用されているシーリング材も、劣化が進むと雨水の浸入経路になりかねません。


シーリング材は紫外線の影響により、ひび割れや破断などの破損が生じることが多々あります。


破損したシーリング材では雨水を防ぎきることは困難であるため、雨漏りが発生するのです。



雨漏りを修理しないとどうなる?

雨漏りが発生した場合、発生当初は天井に僅かにシミができるなど比較的症状が軽いです。


このような雨漏りの場合には、思わず修理を先延ばしにして放置してしまう方がいらっしゃるかもしれません。


しかし、放置すると問題が大きくなり取り返しがつかない事態に発展する可能性があります。


ここでは、雨漏りを修理しないとどうなるのかについてご紹介いたします。



シロアリが発生する


雨漏りが発生し、建物の内部の木材が湿るとシロアリが発生することがあります。


なぜなら、シロアリは湿った木材を好む習性があり、そこで繁殖することが多々あるからです。


もしもシロアリが繁殖してしまうと、柱や土台などの建物を支える重要な箇所を損傷させてしまうため、建物の耐久性を著しく下げて寿命を短くしてしまうのです。


最悪の場合には、建物の倒壊といったことにもなりかねません。



カビが繁殖する


建物内部に雨水が浸入した場合、湿った箇所にカビが繁殖するといったことも起こり得ます。


カビの繁殖を放置していると、家族やペットの健康に大きな影響を及ぼしかねません。


湿度が高いところに発生するカビは、空気中に胞子を浮遊させます。


この胞子を吸い込むことによって、気管支喘息やアレルギー性鼻炎、過敏性肺炎などの病気が発症するケースがあるため注意が必要です。



漏電の危険性がある


雨水が建物内部に入り込むと、ブレーカーなどの電気設備に水がかかり、漏電する危険性があります。


漏電が起こると本来流れるはずの電気が正しい方向に流れなくなるため、感電や火災などの事故の原因になりかねません。


電気は目に見えないものであるため、深刻な状態になっていても気が付かないことが多々あります。


しかし、感電も火災も命に関わるトラブルであるため、事故が起こる前に雨漏りを修理するなどの対策を講じることが重要です。



高額な修理費用が発生する場合がある


雨漏りによって木材の腐食・シロアリによる木材の損傷・カビの発生・電気設備の破損などのように被害が拡大した場合、高額な修理費用が発生するケースがあります。


雨漏りが発生したばかりのタイミングであれば、原因の特定と修理、内部に浸入した雨水の撤去で施工が完了します。


しかし、柱や土台などの重要な箇所に腐食・破損が生じたり、電気設備の交換が必要になったりした場合、大掛かりな工事をしなければいけません。


結果として、雨漏り修理と比較しても膨大な出費が必要になるのです。



東京で雨漏りの修理業者を選ぶポイント

東京には雨漏り修理を行っている専門業者が数多くいます。


その中から信頼できる業者を選ぶ場合には、どのような基準で選べば良いのか分からない方もいらっしゃるでしょう。


ここでは、東京で雨漏りの修理業者を選ぶポイントについてご紹介いたします。



資格を保有しているか確認する


業者によっては、建築工事や防水工事に関する資格を保有しているところが多々あります。


資格を保有する業者であれば、一定以上の知識・技術力を有していると判断できるため、高品質な施工に期待できるでしょう。


雨漏りの修理業者を選ぶのであれば、資格を保有しているかをまず確認してみましょう。



施工実績が豊富であるか確認する


施工実績は、業者の技術力やどれほどのノウハウを有しているのかを判断するのに最適な要素です。


施工実績が豊富であれば、多くの現場で培ってきたノウハウがあるため、高品質な施工・柔軟な対応に期待できるでしょう。


また、多くの依頼があるということは対応が丁寧で信頼できる業者であると判断できます。



保証やアフターサービスを確認する


施工後に不具合や問題が発生する場合に備えて、保証やアフターサービスについても確認しましょう。


雨漏りは発生箇所を特定するのが困難なケースがあるため、修理後に再度雨漏りが発生する可能性があります。


このような事態に備えて、保証やアフターサービスが充実していれば安心して依頼できるといえるでしょう。



相見積もりを取る


雨漏り修理の際には、複数の業者から相見積もりを取ってから依頼する業者を選ぶのがおすすめです。


相見積もりを取ることで、施工にかかる費用の相場を把握できたり、各業者の金額やサービス内容を比較検討できたりすることが可能です。


雨漏り修理は、業者ごとに金額や対応が大きく異なります。


それぞれの業者の見積もり内容を見比べて、その中で自身の考えにマッチする業者を選ぶことで満足できる施工ができるでしょう。



東京の雨漏り修理なら修工舎にご相談ください!

東京都中央区に本社を構えている修工舎は、東京都・埼玉県・千葉県・茨城県にて、雨漏り修理のご依頼を承っております。


弊社には業界歴16年以上の代表を筆頭に、豊富な知識と資格を有するベテランスタッフが多数在籍しております。


弊社は創業以来、お客様に寄り添ったご提案・サービスのご提供を常に心掛けてまいりました。


現地調査からアフターサービスまで一貫して対応を行っており、施工管理や保証制度も万全であるといった強みがございます。


このように、修工舎ではお客様の安心・安全な暮らしを実現することを第一に考えている雨漏り修理業者です。


東京で雨漏り修理をご検討の際には、修工舎へご相談ください。



まとめ


築年数が経過した建物は、雨漏りが発生するリスクが少なからずあります。


雨漏りが発生した場合には、その状態を放置せずにすぐに業者に相談して対策を講じることが欠かせません。


しかし、どの業者に雨漏り修理を依頼するべきか悩む方も多くいらっしゃいます。


修工舎では、お客様がお困りの際にはすぐに駆け付け、丁寧・高品質な施工をご提供いたします。


雨漏りの発生や建物のメンテナンスなど、お住まいに関することで悩みを抱えている方は、お気軽に弊社へご相談ください。